くすみを消すには

年齢を重ねると顔のくすみが気になります。

どうしてもくすみを消したいと願う方もたくさんいらっしゃることでしょう。

くすみを消すには、その原因が何であるかということをまずは知る必要があります。

くすみにはさまざまな原因がありますが、肌が乾燥し新陳代謝が悪化することもそのうちの一つです。

これを解消するために、お肌に良い基礎化粧品を使うことが大切です。

肌をしっかりと潤わせるためには、浸透力の高い基礎化粧品を選ぶことが大切です。

というのも、肌の奥にある部分に十分な水分がいきわたっていないために 乾燥し顔色が悪く見えてしまうからです。

くすみを化粧品で消すには

基礎化粧品に含まれるくすみを消すための有効成分として、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなどがあります。

これらの成分はくすみを除くだけではなく、しみやそばかすを消す働きもあります。

有効成分を肌の奥に行き渡らせるために、家庭用の美顔器を使うというのも一つの方法です。

イオン導入を自宅で手軽にできる美顔器が市販されています。

また、くすみを消すためには肌の奥のケアだけではなく、表面のケアも大切です。

表面にメイクや汚れが残ったままだと、いつまでもこれらの汚れや古い角質が残った状態になってしまいます。

ですから、日々のクレンジングや洗顔を念入りに行うようにします。

これを習慣づけるだけでくすみが取れてゆきます。

紫外線が肌のくすみの原因にもなります。

くすみを消すためには、紫外線ケアをしっかりと行うことが大切です。

紫外線は乾燥の原因にもなりますので、外出するときには日焼け止めを塗るなどしてなるべく肌に紫外線が当たらないように工夫します。

これらのケアは根本的にくすみを消すために大切ですが、どうしても一時的にくすみを消したい場合には、コントロールカラーをメイクに取り入れると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。