目元のくすみの原因と対策

目元にくすみができた状態を、クマができたと呼んでいます。

血の流れが滞ったり色素沈着、しわ・たるみが原因でできる影などがその原因だとされています。

原因は一つではなく、いくつもの要素が重なって起こることがあります。

目元のくすみは、青いものや茶色のものがあります。

原因は色によって異なりますので、それに合わせた対策が必要となります。

茶色のクマは色素沈着が原因です。

紫外線を浴びることによって起こるので、日焼け止めを塗り帽子をかぶって外出するなど、紫外線対策をします。

また、紫外線による乾燥を防ぐために、保湿をしっかりする必要があります。

マッサージとパックで目元のくすみ対策

クマは血流が悪くなるとできやすく、その原因として睡眠不足があげられます。

また、疲労によっても血行不良を起こしてしまいますので、たっぷりと休息をとることが大切です。

マッサージによって血流を改善する方法があります。

ただし、目元はとてもデリケートな場所ですから、力を入れずに優しくなでるようにマッサージします。

血管を壊してしまうと余計に目元が暗く見えるようになり、逆効果です。

目元にできたしわやたるみが影を作ることでも、目元がくすんで見えるようになります。

目元が乾燥するとしわやたるみができやすくなってしまいます。

目元専用クリームやシートパックを使ってなるべく目元が乾燥しないようにこまめにケアをします。

化粧水や乳液など普段使っている基礎化粧品でもケアはできますが、目元専用のクリームやシートパックで特別なケアをすることにより、さらに効果が高まります。

シートパックは週に1、2度の使用が理想的です。

目元をケアする化粧品として、レチノールやヒアルロン酸など保水力の高い成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。