しみや美白対策

しみができてしまう原因の一つとして、紫外線があります。

健康のためには日光を浴びることは大切だといわれていますが、お肌にとっては日光は紫外線を含んでいるので大敵です。

また、日光が良くないといわれているのは、美白対策のためだけではありません。

最近は環境破壊が進んでいて、日光の中にある紫外線を吸収するためのオゾン層の破壊も進んでいます。

ですから、日光により多くの紫外線が含まれるようになってしまったのです。

そしてその紫外線は、皮膚がんを引き起こす恐れがあるとされています。

ですから、しみや美白のためだけではなく、皮膚がん防止のためにも、外出するときには 日焼け止めクリームを塗ったり帽子や日傘を使って、日光に当たらないように工夫する必要があるのです。

しみを作らないためにできること

よく、夏の日差しを避けるために、日傘や帽子を使うことがありますが、紫外線が日光に含まれれているのは何も夏に限ったことではありませんので、年間を通して日光になるべく当たらないようにします。

そうすることで、シミを防止し透明感のあるお肌を手に入れることができます。

しかし、知らない間にしみができてしまうこともよくあります。そういう場合には、まずはできてしまったしみの部分が乾燥しないようにしなければなりません。

乳液や化粧水で十分なうるおいを与えます。しみは、乾燥すると余計目立ってしまいます。

また、乾燥はしみだけではなく、シワの原因にもなります。

部屋の中も乾燥しないように、保湿器を使うなど工夫して、一定の湿度を保つようにします。

また、日光に当たってしまったなら、その部分をやはり保湿することがしみを防ぐポイントです。

保湿した後には美白成分が入った基礎化粧品でケアをします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。