シミの原因とは?

シミの原因は、お肌に紫外線が当たることです。

そして、お肌が持っているメラノサイトという器官によって、メラニンが作られます。

メラニンは細胞の生まれ変わりが活発に行なわれていると、古い角質と一緒に取れてしまって体外に排出されるのですが、年齢を重ねることによってお肌が衰えていると、表皮の血行が悪化し さらに細胞も栄養が足りない状態となっていますので、なかなかメラニンを排出することができません。

このメラニンがお肌にとどまることによってシミとなるのです。

メラニンは紫外線を受けると黒く変色しますので、それによってシミがだんだん濃くなっていくわけです。

このように、お肌が栄養や酸素を失ってしまうと、シミができやすくなるのです。

シミのないお肌は、健康な体づくりから

シミの原因として冷え性も考えられます。

冷え性は、血の流れを鈍くしてしまいます。

血が滞るということは、老廃物もなかなか排出されなくなるのです。

ホルモン分泌不足も皮膚が再生する働きを阻害してしまいます。

シミはタバコを吸うとできやすくなるといわれています。

これは、喫煙によって、ビタミンCの破壊が進むからなのです。

また、ニコチンやタールなど、タバコは有害物質をたくさん含んでいます。

これらの有害物質がお肌の細胞を破壊したり栄養を奪ったりするために、シミができてしまうので、喫煙によってお肌の老化が進んでしまうということなのです。

喫煙だけではなく、日常生活においてのストレスや疲労、睡眠不足によってもお肌は衰えてしまいます。

そしてそれによってシミができやすくなってしまいます。

お肌が老化するということは、お肌が酸化されてしまうということです。

つまり、お肌がさびついてしまうということになります。

とにかく、お肌が健康でないとシミができやすくなるということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。