肝斑の治療方法

肝斑は外用療法と呼ばれる方法で治療することができます。

本来、体の中のホルモンバランスが崩れたりストレスが溜まったりしてできるものなので、内服薬が一番効果があるとされていますが、薬を塗ることによっても薄くすることができます。

薬を塗ると、その有効成分が肌の奥にあるメラノサイトという部分に届きます。

メラノサイトはシミの原因ともなるものですので、これをなくすことによって肝斑が薄くなります。

よく使われている薬に、アルブチンと呼ばれるものがあります。

これはコケモモなどに含まれる有効成分をで作ったものです。

肝斑を治療するにあたって、まずは皮膚科の専門医に相談します。

肝斑が出来る原因

自分で肝斑なのかシミなのかということを判断するのではなく、皮膚科の医師によって判断してもらいます。

これによって正しい治療方法をとることができるからです。

ただのシミだと思ってシミのための治療方法を行ったとしても、肝斑は一向に良くなりません。

また、肝斑は内服薬と塗り薬の両方を使って治療するのですが、内服薬は医師の処方箋がないと購入することができません。

内服薬には、ビタミンCやトラネキサム酸が含まれています。肝斑はレーザーによって治療することも可能です。

美容皮膚科や美容外科で肝斑の治療を受けることができます。

肝斑が単独で存在していることもありますが、多くの場合シミも同じ箇所にできている場合があります。

場合によってはレーザーを使った治療も行われますが、レーザーは肝斑とシミとで出力などが違うものが医師の判断で使い分けられます。

ですから、一様に全員が同じ方法でのレーザー治療を受けるというわけではありません。

一人一人の肌の状態をチェックし、それに合った方法がとられます。

そのため、肝斑の状態がどのようになっているのか診察し、カウンセリングを行った上で治療に入ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。