しみをレーザーで治療

しみはレーザーで取り除くことができます。

しかし、しみには種類や濃さなどの性質があるために、必ずしも1つの種類のレーザーで全てのしみを薄くすることができるというわけではありません。

レーザーにもさまざまな種類があります。

まずは医師によるカウンセリングが行われ、どのレーザーがどのしみに適しているかということが説明されます。

一つ一つのしみに合ったレーザーを用いることで、肌に刺激をほとんど与えずに治療することができます。

レーザーでしみが改善されるのは、肌の中にあるメラニンという色素をなくすためです。

しみの原因はこのメラニンが肌の中に滞っている状態ですので、それをレーザーによって破壊します。

レーザーはどれがメラニンなのか、色で判別することができます。

ですので、しみではない健康な部分の細胞に当たる心配がありません。

レーザーによるしみ治療の手順

初めてレーザー治療を受ける方は、痛みがないのかどうか不安になることが多いでしょう。

しかし、レーザーによる痛みはほとんどありません。

また、安全な装置が開発されていますので 怪我をするようなことはありません。

しかしレーザーを当てるとその部分がかさぶたになります。

これは怪我ではなく正常な状態です。

このかさぶたは2週間程度ではがれて、そこにあったしみがなくなっていることがわかります。

人によっては施術後にちくちくと痛みを感じることがありますが、ひどい痛みではなくしばらく我慢しているとなくなります。

しみをレーザーで改善する施術はそれほど時間がかからない という特徴があります。

しみの状態によってはわずか数分で終わるために、手軽に受けることができます。

しみをレーザーで治療する場合には皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることになります。

ただし健康保険の適用外なので、費用は実費になります。

信頼できる先生とよく相談してから治療を受けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。