しみを薄くするには

ついうっかりできてしまったしみ。
また、前から気になっていたしみ。

しみは できてからの年数が長くなればなるほど薄くしてゆきにくくなると言われています。

だから、コンシーラーに頼るだけでなくしみは 今のうちに薄くしておきたいですよね。

しみを薄くするには、しみに効果的な成分が配合されたクリームや美容液を使ったホームケアを毎日続けることが、重要になってきます。

しみを薄くするために効果があると言われている物質に、ハイドロキノンがあります。

ハイドロキノンは お肌の漂白剤とも言われるほどの美白効果で話題のしみ解消成分として、注目されています。

また、お肌の新陳代謝を高めることも、しみを薄くするためのケアで必要です。

ビタミンCを お肌にゆきわたらせることで、 肌代謝が良くなり、お肌の奥にあるシミが排出されやすくなるのです。

しみを薄くするためのポイント

しみを薄くするために メラニンの生成を抑える働きのあるサプリを摂取するというのも、一つの方法です。

トラネキサム酸という成分が入っているサプリメントが、しみに効果的として注目されています。

また、できてしまったしみを薄くするためには、クリニックで治療を受けることもできます。

濃いしみができてしまった場合には、レーザー治療を受けると言う方法もあります。

また、電気やイオン導入によってビタミンCや、レチノールなどをお肌の奥にあるしみに直接届くようにすることでしみを薄くすることができます。

その他にも、ピーリングやフォトフェイシャルなどの治療をクリニックで受けることができます。

フォトフェイシャルは、光による治療で、顔全体にできたしみの色を薄くすることができる治療方法です。

しみの治療を受ける場合には、まずは美肌治療について詳しいクリニックで
じっくり相談して適切なものを選んでもらう必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。