しみの予防方法

しみを予防するためには、紫外線になるべく当たらないように工夫したいですね。

帽子や手袋、長袖の服、日傘などで なるべく日光に当たらないようにすることが大切です。

また、曇りの日でも欠かさず日焼け止めを塗って出かけるよう、年間を通して心がけることが大切です。

ここまでは実践している方も多いかもしれません。

でも、しみは普段の食生活でも予防することができるのです。

しみを予防する食べ物

しみを予防するための栄養素として知られているのは、ビタミンCとE、ベータカロチンなどです。

こういった栄養素を含む食材を普段から しっかりと摂取するようにしましょう。

その中でも、ビタミンCとビタミンEを含む食材を一緒に摂ることで、より高い効果を発揮します。

ビタミンCはメラニン色素が生成されるのを抑える働きだけでなく、できてしまったしみを薄くする働きもあります。

キウイやグレープフルーツ、いちごなど多くの果物に含まれています。

また、キャベツ、ブロッコリー、トマトなどの野菜にも多く含まれています。

ビタミンEは、メラニンが体外に排出するのを助けてくれる栄養素です。

アボガドやキウイなどの果物、緑黄色野菜、大豆、ごま、ナッツ類、うなぎなどに多く含まれています。

緑黄色野菜にはベータカロチンも多く含まれています。

これは紫外線に当たってしまったお肌を修復する働きがあるため、しみの予防には欠かせない栄養素です。

しみを予防するためには、洗顔をしっかり行なうことも大切です。

メイクがお肌に残ったままになっていると、メイクが含む油分がお肌で酸化し、それが肌荒れの原因になり、肌荒れからくすみやしみにつながる色素沈着を招くことがあるからです。

メイクをしてもしなくても、クレンジングは毎日朝晩欠かさずに行なうようにしましょう。

洗顔の際にはお肌をこすりすぎるとしみになるので注意して下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。