日焼けをケアして美白肌

美白ブームが数年前から続いています。
紫外線からの日焼けを防止するという事は、お肌の健康を保つ事に繋がります。

紫外線を浴びて日焼けした肌は、お肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーを経ることにより元通りの肌色になりますが、それは肌表面の色が元に戻っただけで、肌の内部はダメージを受け、加齢と共にシワやシミの原因となります。

お肌のターンオーバーは、約4週間の周期で肌を生まれ変わらせますが、
加齢により周期が長くなるので、歳を重ねていくにつれ、栄養をしっかり摂るようにしましょう。
ターンオーバーのリズムを崩さないようにしていく事が、美白ケアの重要なポイントです。

毎日の生活で、お肌の美白のためにできること

肌のターンオーバーに必要とされる栄養素で代表的なものが ビタミンA(うなぎやほうれん草など)やビタミンE(ゴマや玄米など)です。

ビタミン類は手軽にサプリメントで補いながら補給するのも良いですが、他の栄養素もバランスよく摂る事が、美白だけでなく、身体の健康を保つ事につながる為、出来るだけ食事からしっかり摂るように心がけましょう。

また、十分な睡眠は美白ケアにとって大切な事です。

睡眠が十分でないと、ストレスに繋がります。

ストレスは体の働きに影響を与え、せっかく摂った栄養が身体に行き渡りにくく、肌のターンオーバーを崩す原因になってしまいます。

日中は日焼け止めを塗っているから、美白ケアは出来ていると思われるかもしれませんが、日差しを受けた肌は、乾燥しきっており、水分を必要とします。

日差しをたっぷりと受けた時は、化粧水などで、肌にしっかり水分を与えてあげましょう。

日差しを受けたままの肌を放っておくと、乾燥して肌は硬く変化してゆき、ターンオーバーが出来なくなってきますので、日焼け後に肌に水分を与える事は、肌にとって大切な事だと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。