敏感肌のための日焼け止め

日焼け止めを敏感肌の方が使うことで、肌がとても荒れてしまうことがあります。

もし日焼け止めを使って肌が荒れてしまった場合には、すぐに使用を中止しなければなりません。

購入してから使用して肌が荒れてしまった、ということになるともったいないですから、まずはサンプルで試してから 肌が荒れないことを確かめ、それから購入するようにすると良いでしょう。

肌に優しい日焼け止めも市販されていますので、敏感肌の方がそのようなものを選んでお試し品などを試すようにします。

無添加の日焼け止めであれば、ほとんどの敏感肌の方も問題なく使用することができます。

ノンケミカルとうたっている商品であれば、化学物質が含まれていませんので安心です。

中には赤ちゃんもつけることができると書かれている商品もありますので、そういったものであればアトピーの方でも安心して使うことができます。

保湿効果のある日焼け止めを使うことで、肌を乾燥から守ることができますしターンオーバーが正常化します。

お肌に紫外線を当てない工夫も大事

日焼け止め自体によって肌が荒れる場合もありますが、日焼け止めをクレンジングで落とすときにお肌が荒れてしまう可能性もあります。

クレンジング剤も敏感肌用のものを使うようにしましょう。

また、あまりこすらずに落とすように心がけましょう。

お肌が傷ついてしまうからです。

また、あまりこすらずに落とすように心がけましょう。

肌が傷ついてしまうからです。

紫外線を浴びること自体も敏感肌の方にとっては
大きなダメージになります。

日焼け止めを塗るのではなく、できるだけ夏でも長袖の薄手のブラウスなどを着用し、衣服によって紫外線から肌を守るような工夫をすると良いでしょう。

また、日傘や帽子などを上手に活用することで、よりお肌への紫外線の負担を少なくすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。