日焼け対策

日焼けをすると、肌にはとても大きな負担がかかります。

紫外線が内部に入り込むからです。

一見健康そうに見えるのが日焼けした肌ですね。

これは紫外線をこれ以上受けないように、肌の奥でメラニン色素というものが作られていることが原因です。
できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切です。

紫外線を浴びることによって、肌の老化を引き起こします。
シミだけでなく、お肌のたるみの原因にもなります。

日焼け対策として、外出するときには、肌になるべく日光が当たらないように注意します。

そのためには、衣服も長袖・長ズボンをできるだけ着用するようにしましょう。

日光が地面に当たると照り返し、つまり反射のような現象が起こります。

スカートをはいていると、脚が日焼けしやすくなります。

帽子をかぶり、スカーフを巻いて顔や首を紫外線から守ります。

手も意外と日焼けしやすいので、綿の手袋などを着用します。

より涼しく日焼け対策するために

とはいっても、夏はこのような格好で出歩くのはかなり暑く耐えられないですよね。

また、日焼けを気にしておしゃれができない、外出できないというのも辛いものです。

もし、夏に半そでやキャミソールなどを着る場合には、薄手の上着を着ることで紫外線を防ぐことができます。
日焼け止めを使用することも忘れないようにしましょう。

日焼け止めクリームだけではなく、日焼け止め効果のあるファンデーションもあります。
このようなものを使用することによって 肌に直接紫外線が当たらなくなります。
敏感肌の方は、日焼け止め製品の使用を適量にする必要があります。

また、敏感肌用に作られたUVケア製品を活用するなどしましょう。

日傘なども活用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。