UVケアの方法

紫外線を浴びることによって、皮膚がんや白内障にかかるリスクが高くなります。

また、紫外線が原因となる湿疹ができることもあります。

日焼けした肌は見た目は健康ですが、実際は健康を損ねる原因となります。

UVケアをしっかりと行うことで、紫外線が原因となる疾患を防ぐことができます。

UVケアというと、肌を白く美しく保つ美白ケア、というイメージが浸透しています。

しかし、大人の女性だけではなく、子供にもUVケアが必要だといわれています。

市販のUVケア製品がありますので、その中から年代や肌質にあったものを選んで使うようにしましょう。

日常生活で無理なくできるUVケア

紫外線を浴びることでシミやシワが増えて、老けて見えるようになるため、
なるべく紫外線に当たらないような工夫が必要です。

肌の露出をできるだけ避け、帽子や日傘で紫外線に当たらないように工夫します。
また、日ごろのスキンケアの工夫も大切です。

日焼け止めだけでなく、洗顔後の化粧水の後に使う乳液や化粧下地、ファンデーションを、紫外線防止効果のあるものに変えるという方法もあります。

紫外線を防ぐだけではなく、肌のハリを保つ効果のある美容液もあります。
そしてファンデーションもUVカット機能のものを使うとさらに効果的です。

また、栄養をしっかり摂ることも体の中から行うことができるUVケアの方法です。
私たちの肌にある細胞は28日周期で生まれ変わっています。
それが滞ってしまうことで、紫外線によって作られたメラニン色素が 肌の奥に留まりシミになってしまいます。

ですから、細胞の再生を促進させるためには、できるだけ栄養バランスのよい食事をとるように心がけましょう。
肌の再生がスムーズに行われることにより、しみやシワができにくくなりお肌が常に潤った状態となります。

コメントの入力は終了しました。