シミには市販の飲み薬がおすすめ

できてしまったシミには お肌の外側からのシミのケアだけでなく、お肌の内側からのケアも効果的です。

具体的には飲み薬を使ったシミのケアです。

飲み薬でのケアなら、美白成分をお肌の内側からシミのもととなるメラニン色素に届けることができます。

つまり、より効率的にケアができるのです。

そんなシミ用の飲み薬は、皮膚科などで処方してもらうこともできますが自費診療となるため高額になります。

そこでおすすめなのが市販のシミの飲み薬なのです。

市販のシミの飲み薬がおすすめの理由とは?


市販のシミの飲み薬は、皮膚科処方のシミのお薬とほぼ同じビタミン主体。

処方箋不要で購入できますので 飲み薬でのシミのケアに興味がある方にも始めやすくなっています。

皮膚科で処方してもらうとなると シミの治療は自費診療ですので初診料から診察料、処方箋代だけでも高額になります。

ですが市販の飲み薬なら 1,000円台から始められるものもあり手軽に始めることができます。

また、美白成分がお肌の内側から届きますので より効果的にシミ対策をしてゆくことができます。

つまり、市販のシミの飲み薬ならより手軽に本格的なシミのケアができるのですね。

市販のシミの飲み薬でおすすめのものは?

様々な製薬会社から飲み薬が市販されています。

ドラッグストアの店頭などで販売されているものもあれば、製薬会社から通販で購入できるものも多くなっています。

いくつかあって迷ってしまう!という方は

口コミなどで定評のあるもの

始めやすく続けやすい価格のもの

この2点をよくチェックした上で、美白成分ビタミンCや、肌代謝を助けるL-システインの配合量を比較すると良いでしょう。

また、市販のシミの飲み薬には、血流サポートのための生薬が配合されていたり、肌荒れ対策成分が配合されているものなどもあります。

よく特性を理解して活用してみることをおすすめします。

様々な機能を持つシミの飲み薬も登場


市販のシミの飲み薬をおすすめする理由として、シミだけでなく他の症状にも効果があるお薬がある、という点があげられます。

たとえば 市販のシミの飲み薬で人気のロスミンローヤルは シミだけでなくシワへの効果も認められています。

このような様々な効果のある市販の飲み薬を活用することで、シミだけでなくアンチエイジングケアにもなります。

市販のシミの飲み薬を購入する際に気を付けたいこと


市販のシミの飲み薬を使う際に気を付けたい点があります。

それは、医薬品として認可を受けているものを購入する、という点です。

というのも シミへの効果がきちんと厚生省から認められたものだけが「医薬品」として販売されているためです。

ですが 認可されていないシミケア用サプリメントも数多く販売されています。

サプリメントと割り切って活用するのでしたら良いのですが、

中には サプリメントなのに医薬品のようなパッケージで販売されており、間違えやすくなっているものもあります。

似た成分で似た価格帯でも、美白効果が国から認められている医薬品を使うに越したことがありませんね。

飲み薬だと思って買ったらサプリメントだった、ということがないように よく表記などを確認するようにしましょう。

市販のシミの飲み薬を副作用の心配なく使うには


市販のシミの飲み薬は、医薬品。

一定期間飲むとなると 副作用の心配があるのかが気になりますね。

結論から言うと、ビタミンCが主成分のシミの飲み薬に関しては副作用の心配はほとんどありません。

市販されている医薬品は、副作用の可能性がある順に

第一類医薬品

第二類医薬品

第三類医薬品

とカテゴリー分けされています。

薬剤師さんの説明などを受けてから購入する強めのお薬が第一類医薬品、

一般的な風邪のお薬が第二類医薬品、

といった具合です。

第三類医薬品は きわめて副作用などの可能性が低いという位置づけなのですね。

シミの飲み薬は この第三類医薬品のものがほとんど。

ですので 長期にわたって飲み続ける際にも安心なのです。

ですが 医薬品ですので決められた用法や用量を守る必要があります。

昨日飲み忘れたから今日は多めに、というようなことはせずに 決められた量を毎日続けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。