ホワイトニングに重曹が効果的って本当?

自宅で自分でできるホワイトニングとして重曹を使う方法があるようです。

あの重曹で歯のホワイトニングはできるのでしょうか?

検証してみました。

重曹でホワイトニングはできるの?

魅力的な口元には リップカラーだけでなはく、健康的な歯も大事です。

そこで今注目されているのがホワイトニング。

そのホワイトニングに重曹が効果的という説があるようです。

重曹というと お掃除に使っている、お菓子作りに活用しているという方もいるのではないでしょうか。

ホワイトニングを目指す方の中には この重曹を歯磨きに使っているようです。

重曹は食用あるいは薬用のものなら口に入れても問題ありません。

気になるのは 重曹にホワイトニング効果があるのか無いのか、という点ですよね。

結論から言いますと、重曹そのものにホワイトニング効果はありません。

ですが、研磨剤としての働きがあるため、歯の表面についた汚れを落とすのに役立ちます。

ですので 今まで歯についていた 汚れが落ちることで白くなったように見えるのです。

歯への軽い着色汚れを落としたい、という方には重曹は手軽なケア方法の1つと言えます。

ですが歯をしっかりと白くしたい、という場合は 専用の薬剤を使ったケアが必要になります。

重曹、ここが注意点!

気になる歯の汚れが多少落ちればそれでいい、ということで重曹でのケアを選ぶ方もいるでしょう。

その場合 いくつか注意が必要です。

重曹は 研磨剤ですので、頻繁に歯磨きで使うことで 過剰に歯の表面が削れてしまう、知覚過敏になるなどのトラブルが起こりやすくなります。

また、重曹はアルカリ性ですので 口の中の粘膜に影響を与えやすくなります。

ですので 重曹で歯のケアをする場合は 頻度などをよく考えて使う必要があります。

一般的なホワイトニング効果のある歯磨き粉は 毎日安心して使えるものがほとんどです。

重曹に比べると コストはそれなりにかかりますが、口の中の安全性を考えると専用の歯磨きのほうがおすすめです。

ホワイトニングだけでなく 歯の着色予防も

ホワイトニングには どのような歯磨き粉や専用ケア製品を使うのか、というだけでなくもう一つ気を付けないといけない点があります。

それは 歯に着色しやすい食品への注意です。

ワインや コーヒー、紅茶といったし好品は 歯に着色しやすいことで知られています。

また、色の濃い食材や調味料なども 着色の原因になります。

ですので 食後は必ず歯磨きをするようにしましょう。

また、歯の着色といえばタバコのヤニもあります。

タバコを吸う度に歯磨き、というのはちょっと大変ですね。

ですので 思い切って禁煙をしてしまうのをおすすめします。

タバコは 独特の口臭が出やすくなりますし、血流を悪くしてしまうなど 健康だけでなく美容にとってもマイナス。

また、値上がりもしましたので 経済的にもかなりマイナスと言えますよね。

すぱっと禁煙して 健康的な口元を手にいれましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする