お花見の季節のスキンケア

晴れたお花見日和の日は ウキウキしてお出かけしたくなりますよね。

ですが春先は お肌にとって何かとマイナスの要素がたくさん出没する時期。

しっかり対策をしてお花見を楽しむポイントをご紹介しましょう。

春先の紫外線量対策

4月から5月といった春先は 紫外線量がぐっと上がり 夏場とほぼ同程度ふりそそぐ時期として知られています。

それくらい知っているわ!という方でも、真夏よりもうっかりシミを作りやすいのが やはり春先。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

春はお花見だけでなくショッピングなどのお出かけが楽しい時期。

思った以上に外で過ごす時間が多くなっています。

暑さの影響で室内で過ごすことが多い夏場と違って 春先は外にどんどん出る機会が増える時期。

そのちょっとした積み重ねが お肌にシミができやすい状況にしているのです。

そして春先といえば花粉。

花粉の影響でお肌がヒリヒリ、赤みやかゆみといったトラブルが出やすい時期でもあります。

春の穏やかな日差しとは裏腹に お肌は何かと大変な時期なのですね。

では、春先は どのような点に気を付けたスキンケアを心がけるべきでしょうか?

春先のスキンケアのポイント まずは保湿

春先のスキンケアのポイントは まずは保湿です。

冬場ほど空気が乾燥しにくくなっていますが、ここで気を緩めずに保湿をしっかり行うことがまずは重要です。

というのも、私たちのお肌は 気が付かないうちに内側が乾燥しがち。

その乾燥により、紫外線の影響を受けやすくなり、シミのもととなるメラニン色素ができやすくなるのです。

また、花粉によりお肌に刺激などが感じやすい方は、お肌のバリア機能が弱まっている状態。

保湿は お肌が自分を守るパワーを取り戻す助けになります。

ですので しっかり潤いをチャージするようにしましょう。

春先は紫外線対策をより念入りに!

紫外線量が急に増える春先。

外で過ごす機会も冬場や夏場よりもぐっと増えるという方も多いこの時期、やはり紫外線対策は欠かせません。

普段は日焼け止めでUV対策をしている、という方も これにプラスしたケアがおすすめです。

例えばファンデーションや仕上げ用パウダーにもUVカット機能がついたものを使うのがおすすめです。

日焼け止めなどは どうしても数時間おきに付け直すことが必要です。

でも 外ではなかなか難しいものがありますよね。

でもファンデーションならメイク直しの際に さっとUVケアのリタッチができます。

そして乳液やクリームも 紫外線カット機能のついたものを使うとさらに良いでしょう。

メイク前にうっかりベランダに出てしまった!という時の対策にもなります。

また、花曇りと呼ばれるような雲が厚い日でも 紫外線は降り注いでいますので、最低限の紫外線対策は常に心掛けましょう。

そして 外出する際には UVアイテムを活用して紫外線をブロックしましょう。

春のうちから日傘はちょっと・・・という方でも、帽子やスカーフなら取り入れやすいのではないでしょうか。

しっかりお肌をガードしてお花見などの春イベントを楽しみましょう!