デカ目になる方法とは?

メイクでデカ目になる方法があり、これによってかわいらしい雰囲気をかもし出すことができますし、目が大きいということで他の人にインパクトを与えることもできます。

アイメイクは細かい部分のメイクですので、思うように仕上がらないこともあります。

朝はきちんとデカ目を作ることができても、夕方になるとメイクが崩れて目の周りが黒くなってしまうこともありますので注意が必要です。

これを防止するためには、マスカラを塗ってから乾燥するまでの間にコームでまつ毛をとかし、ダマを防ぐことがポイントとなります。

また、ビューラーを使ってまつ毛にカールをしっかりつけます。

これで、あまり大量にマスカラを塗る必要がなくなります。

まつ毛が長くて量が多いとデカ目になることができます。

つけまつ毛を使うことによって、簡単に長くて濃いまつ毛を手に入れることができます。

つけまつ毛を上手に使うには

つけまつ毛を選ぶときには、あまりに長くて濃く、カールが入っているものは避けた方が良いでしょう。

このようなつけまつ毛を使うことでデカ目になることはできますが、顔とのバランスがとれずに見た目に違和感を感じることがあります。

つけまつ毛は、目とのバランスが重要です。

また、つけまつ毛のデカ目効果をアップさせるためには、上まぶたに濃い色のアイシャドウを塗ると良いでしょう。

アイシャドウはグラデーションをつけることがコツです。

また、目を強調するためにはアイラインが必要です。

目のきわに入れることによって、インパクトのある目に仕上がります。

カラーコンタクトレンズを使うことによってデカ目を作ることができます。

ただし、目に直接入れるものですので、レンズの手入れをしっかり行うことが非常に大切です。

目に異常を感じたらすぐに使用をやめ、眼科医に相談しましょう。

コメントの入力は終了しました。