花粉症の季節のスキンケア

春先の花粉症の時期になるとお肌のコンディションがイマイチ、思わぬ肌トラブルが続出という方も多いのではないでしょうか。

花粉症の季節のスキンケア方法と 上手な対策法についてご紹介します。

花粉症の時期に起こりやすい肌トラブル

花粉症の季節は 花粉症の方にとっては目や鼻だけでなく 今まで通りのスキンケアでは肌コンディションがいま一つになりやすい時期。

まず、花粉症は体が起こしているアレルギー反応。

目や鼻だけでなく、肌荒れや お肌への刺激などが感じやすくなってしまいます。

さらに 鼻を何度もかむことにより 鼻回りや口回りのお肌がさらに荒れやすくなるなど トラブルを抱えやすくなってしまいます。

少しでもよい肌コンディションをキープするためのスキンケアのコツをご紹介しましょう。

花粉症の時期は敏感肌用のスキンケアを

花粉症は 花粉により体がアレルギー反応を起こしてる状態。

お肌も かゆみなどが出たり、ちょっとしたことが刺激になるなど荒れやすくなります。

ですので この時期は いつものスキンケア製品だと ピリッと刺激になったり、赤みなどが出ることもあります。

かゆみなどが出るから、ということで 少な目の量だけでケアしているとお肌が乾燥しやすくなります。

そして お肌の乾燥が続くと 肌バリアが弱まり さらにお肌が刺激に感じやすくなる、という悪循環に入ってしまいがちです。

そのような場合におすすめなのが 敏感肌用のスキンケア製品の活用です。

敏感肌向けの スキンケアアイテムは、香料などが無添加で作られているだけでなく、お肌により刺激になりにくいように様々な工夫があります。

ですので こういったものを活用することで お肌に刺激になりにくく、しっかりとお肌のお手入れをすることができます。

花粉症のシーズンはメイクにも工夫を

花粉症の時期には スキンケアだけでなくメイクにも気を付ける必要があります。

というのも、花粉そのものがファンデーションなどにくっついてお肌に付着し、刺激となる場合があるためです。

ファンデーションも様々なタイプのものがありますね。

油性のリキッド、スティック状の練りタイプのファンデーションの場合 花粉を吸着しやすいので注意が必要です。

花粉症の時期は さらっと使えるオイルフリーのファンデーションを使うようにしましょう。

そして 帰宅後にはすぐにメイクを落とすようにします。

クレンジングも お肌に刺激になりにくいタイプのものがおすすめです。

花粉症の季節のUV対策も万全に

花粉症の肌荒れで ついついおろそかになりやすいのがUV対策。

紫外線は お肌の乾燥をもたらし、肌乾燥からくるさまざまなトラブルを招くので注意が必要です。

春先、特に4月に入ると急激に紫外線の量も増えてきます。

お肌のコンディションがいまいち、ということで日焼け止めなどをあまり使いたくないということもありますよね。

そういう場合は UVカット機能のあるパウダーファンデーションを使うようにしてみましょう。

また、大き目のマスクを使っているという方はUV対策をあまりしないで外出することもあるでしょう。

マスクでカバーしきれない目の下や頬骨の上のあたりなど 意外な箇所にシミができることがあります。

よく注意するようにしましょう。

花粉は部屋に持ち込まない工夫も

花粉症の時期は アウトドアで楽しむ、というよりはインドア派になることが多いですよね。

室内なら 空気清浄機などを活用することで 快適な空間をキープすることができますね。

この時気を付けたいのが 花粉を外から持ち込まないようにすること。

せっかくいろいろな工夫をしているのに 花粉をごそっと入れていては意味がありませんね。

帰宅時には コートなどについた花粉などをよくはらうようにする、早めにシャワーを浴びて花粉を落とすなどの工夫が必要です。

最近では 衣類なども花粉がつきにくいよう工夫されているものもあります。

今年は万全に対策を、という方は こういったものを検討してみるとよいでしょう。

花粉症の季節には 体の内側からのケアも

花粉症は 体の内側からの対策も大事です。

本格的な食事療法なども含めて様々な方法があります。

ですが、多忙な方にとっては 手軽に毎日続けられるもののほうが良いですよね。

そういった中で いま注目されているのが お茶による対策です。

お茶に含まれるカテキンには アレルギー反応をひきおこす元となるヒスタミンを抑制する働きがあると言われています。

ですので 手軽に毎日飲めるお茶による対策がいま注目されているのです。

お茶にもさまざまなものがありますが、花粉症対策でいま話題なのが白井田七。茶。

白井田七。茶は 静岡産のブランド茶畑で有機栽培されたお茶を原料に 有機栽培の田七人参も加えて作られたお茶。

田七人参に豊富に含まれるサポニンも 抗アレルギーパワーがあることで知られています。

白井田七。茶ならカテキンとサポニンの両パワーを一度に取り入れられます。

しかも飲みやすく 気軽に続けやすい春先習慣。

あなたもはじめてみませんか?

↓詳しくは コチラをクリック↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。