秋の乾燥とお肌

夏から秋・冬へと季節の変わり目はお肌が急に乾燥してきたと実感する方も多いのでは。

特に乾燥肌ではない!と言われる方も乾燥肌となり、普段から乾燥肌の人は更に乾燥肌になってしまいがちです。

お顔だけでなく、全身が乾燥肌になりがちです。

特に手足も夏に比べると秋は乾燥し、そして冬になると更に乾燥してしまい、乾燥が原因でお肌がかさつき痒くなることすらあります。

夏場のようにベタベタ汗のお肌から解消されたと思ったら 今度は乾燥肌で痒みとの戦いになる方もいらっしゃるかも知れません。

空気自体が乾燥しているのですからお肌が乾燥するのは どうしても仕方がないことなので、保湿が必要になります。

敏感肌でお肌が弱い人など、人によって個人差がありますが、秋になったからと言って油断してはいけません。

夏の日差しと違いはありますが10月頃までは日差しが強い日も多くあります。

お肌を守るためにも紫外線対策はまだまだ必要だと思います。

日常生活でも乾燥対策しましょう

夏はシャワーが多かった方や、普段からシャワーだけで済ませる方も、お肌のためにも できるだけ入浴することをお薦めします。

「入浴することで新陳代謝が高くなりお肌も活発になります。

ボディも乾燥してしまうという方は、入浴剤を使用することでリラックスしながら乾燥肌を改善する方法もあります。

最近は乾燥肌用の入浴剤の種類も増え家族で利用されている家庭も増えつつあります。

手足など全身用のローションを入浴後使用することも良いでしょうし、さらに気になる方は 顔用の化粧水を手足や腕に使用する方法もあります。

顔はしっかりと化粧水や美容液など保湿効果を高めるために たっぷり使用することで乾燥肌からお肌をガードしましょう。

また、日常生活では水分もできるだけ多めに摂ることも忘れないで下さい。

そして、ちょっと早い時期からでも、加湿器を活用してゆきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。