夏場の紫外線からお肌を守る

日差しの強くなる夏場、念入りに日焼け止めで紫外線対策をしている人、焼けないようにと長袖を着用している人、何もしない人など様々です。

日焼け止めは、汗などで流れてしまうこともあるので こまめに付け直さないといけません。

ですが ついつい面倒で朝に日焼け止めを塗ったきり、ということになりがちです。

そうなるとお肌は紫外線によるダメージを受けやすくなります。

冬に比べると夏の紫外線は強く、しみの原因になったりと女性に限らず男性にとっても天敵かもしれません。

紫外線からお肌を守るために最近では小学生から日焼け止めを使用する時代です。

外にでる機会が多い人は4月頃から紫外線対策は、しっかりしておくことが理想的です。

曇りの日は油断しがちですが、曇りの日こそしっかりケアしたいものです。

紫外線からお肌を守るために・・

紫外線からお肌を守る方法はいつくかあります。

日焼け止めもその一つです。

忘れがちな手の甲なども日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

他にも日傘や防止・サングラスなども効果的です。

手袋や 衣類もなども最近では紫外線カット仕様の種類も増えてきていますし、低価格で購入する事ができます。

お肌のお手入れも忘れてはいけません。

化粧水やローションなどを使用し乾燥を防ぎましょう。

汗でベタつく時に大活躍な商品が汗ふきシートです。

最近はミストタイプも販売され人気があるようです。

紫外線により汗疹・じんましん・日光アレルギーの症状がひどい時は我慢せず病院で診察してもうようにしましょう。

紫外線が強い時期は数ヶ月ですが、紫外線からしっかりお肌を守る対策をして夏を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。