頬のたるみ対策

年齢を重ねるにつれ、どうしても頬のたるみが気になるものです。

指で頬を押しても弾力を感じない、顔がむくんでシーツの跡がついて残ってしまう、顔の輪郭がはっきりしなくなった、などということから、頬がたるんでしまったことを感じることもあるでしょう。

頬にたるみがあると、毛穴が目立ち始めます。

頬を少し指で持ち上げると、毛穴が目立たなくなることがあります。

これは頬がたるんでいる証拠です。

また、頬の毛穴の形が丸ではなく楕円形になっていれば、これもたるんでいる証拠になります。

頬のたるみがあると、年齢より老けて見られがちです。

ですから対策をとって頬のたるみの防止をしていきましょう。

頬のたるみは肌の弾力が失われることによって起こります。

これは、頬にある表情筋という筋肉が衰えてしまうからです。

頬の皮膚は筋肉によってはりが保たれ支えられています。

しかし、この筋肉が衰えることによって皮膚を支えきれなくなり、重力に逆らえず下がることで頬のたるみになってしまうのです。

頬のたるみは こうやって解消!

表情筋を鍛えることによって頬のたるみを防止することができます。

私たちの皮膚はたんぱく質の一種であるコラーゲンによって弾力を保っています。

このコラーゲンが皮膚を支えることでお肌にはりを与え、たるみを防ぐことができます。

コラーゲンが体内で生成されやすいようビタミンと睡眠をしっかりとるようにしましょう。

また、顔に老廃物がたまることによって頬がたるむこともあります。

血液やリンパの流れを改善することで、頬のたるみを防ぐことができます。

そのためには、顔を温めて血行を良くすることがポイントです。

例えば、蒸しタオルを顔全体に乗せてしばらくおいておくと血行が良くなります。

そして、フェイスマッサージも効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする