日焼け止め、上手に使えていますか?

刺すような日差しの日は紫外線も多くふりそそいでいます。

UVケアは万全にしているのに 毎年シミが気になるという方は まずは日焼け止めなどの活用方法をしっかり見直してみましょう。

日焼け止めの使い方を見直そう

SPF値の高い日焼け止めを使い始める方も多い夏場ですが、その日焼け止め、上手に活用できているでしょうか?

日焼け止めも 使い方に問題があると思ったような効果が期待できません。

日焼け止めといえば spf値ですね。

夏場はこの数値が高めのものを使っている方も多いでしょう。

このspf値、1つで20分程度の紫外線ブロック力が期待できると考えられています。

ですので spf30の日焼け止めでしたら、20x30で 600分、およそ10時間。

ですが、実際には夏場は汗などで落ちやすいので spf値1あたり10分程度で考えておくほうがよいでしょう。

そうなると spf30の日焼け止めだと 10x30で 300分、およそ5時間。

朝つけてお昼すぎには塗りなおしが必要になってくるのです。

かといって外出先やオフィスでメイクの上から日焼け止めを付け直すというのは難しいものがありますよね。

UVカット機能のあるファンデーションや UVカット機能のある仕上げパウダーなどを活用してみましょう。

こういったものを使うことで、メイク直しをするついでにUV対策をすることができます。

また、日焼け止めは塗りムラができやすいことでも知られています。

お肌につける際に つけ残しなどがあると その箇所に紫外線がばっちり届いてしまいます。

むらなく塗るためには 

まずは メーカー規定の量を使うこと、

そしてその量を半分づつ2回に分けて重ね塗りしてゆくのがおすすめです。

重ねてつけることで より均一に塗りやすくなります。

進化している日焼け止め

 

メイク用品だけでなく、日焼け止めも進化しつづけています。

高機能タイプの日焼け止めや、より完全にシミを防ぐための日焼け止め活用法をご紹介しましょう。

日焼け止めを いつも同じものを使い続けるという方もいると思います。

同じものを使うには 様々な理由があるでしょう。

圧迫感を感じにくいから、という場合もあれば 白浮きしにくい、べたつきにくいから気に入っている、ということもありますよね。

お肌に合っているものを使うぶんには良いことですが、日焼け止めも年々進化しています。

替えてみることで より紫外線ブロック効果が期待できたり、メイクの手間が少し省ける可能性も出てきます。

日焼け止めも 進化して様々なタイプのものが登場しています。

高機能タイプの日焼け止めで代表的なものをご紹介しましょう。

メイクもできる日焼け止めタイプ

bbクリームをはじめとした お肌につけるだけで紫外線ケアとメイクができるタイプのUVカットアイテム。

すでにおなじみではありますが、従来のbbクリームでは色味がイマイチ、べたつきやすいという声も。

最近では使い心地などをアップさせたものも増えていますので 新たに試してみることをおすすめします。
 

オールインワンスキンケアタイプ

カサつきやすい、お肌にツッパリ感が出やすいという声もよく聞く日焼け止めですが、保湿ケア成分や美容液配合のタイプのものも発売されています。

このようなものを使うことで 紫外線対策をしながら お肌のうるおいケア、さらには保湿効果による肌バリア機能アップも期待できます。

敏感肌の方も使いやすいタイプ

お肌が弱い方でも使いやすいタイプの日焼け止めも増えています。

敏感肌特有のくすみのカバーにもなる日焼け止めなども発売されていますので、いくつか使い比べてみるとよいでしょう。

そして最近はオーガニック由来成分の紫外線対策ケア製品も増えています。

オーガニックで肌に優しいだけでなく きちんとUVブロックができることでも人気が出ています。

敏感肌の方も使いやすい日焼け止めはお子様にもより安心して使えますので 一緒に使えるという点もメリットですね。

いかがでしょうか?

今まで日焼け止めには UVブロックだけの機能しか期待していなかった、という方も バリエーションがぐっと増えているのがお分かりになるのではないでしょうか?

お肌の状態やライフスタイルに応じて、日焼け止めも新しいものを取り入れてみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする