テレワーク時、うっかりノーブラの落とし穴とは?

テレワーク日数が増えた、すっかり定着しつつあるという声もよく聞くようになりました。

在宅勤務は集中できるし 通勤のストレスが無くなっていい感じ!といったポジティブな意見も多いテレワーク、

カッチリ目の仕事着ではなくカジュアルな格好、それこそルームウェアで仕事をしているという人も。

 

 

下着だってきゅうくつなブラはやめて ゆったりしたブラキャミソールで過ごしているという方も増えているようです。

さらにはノーブラで過ごしていて テレビ会議の時だけささっと上着を羽織って・・という猛者まで。

テレワークの醍醐味は好きな格好で仕事ができること、という声もありますがブラに限っては、バストラインのためにもちょっと気を付けておきたいものがあります。

 

ノーブラはデメリットだらけ??

テレワークの日はノーブラで過ごしているという方は

ブラをやめたら肩こりが無くなった、

ブラが不快だったから仕事に集中できる!

といった前向きな声も多いのですが、じつはデメリットもあります。

一番心配なのがバストラインの崩れ。

私たちの胸の脂肪を支えているのはクーパーじん帯。

 

ブラをしないでいると重力の重みで このクーパーじん帯に負担がかかり、伸びやすくなってしまいます。

そうなるとバストラインにも悪い影響が!

ですので ノーブラは決していいことづくめではない、ということがお分かりいただけるでしょうか?

ブラキャミやノンワイヤーブラにひそむ落とし穴とは?

 

ノーブラの代わりにブラキャミソールを着ているという方もいらっしゃるでしょう。

ブラキャミソールを着ていればノーブラは回避できます。

でも、ブラキャミソールにはバストをしっかり支えるという本来のブラの機能には足りないものがほとんど。

ホールド力が弱い、カップの中でバストが動く、といったものが多いので クーパーじん帯に負担がかかってしまうのです。

 

そしてワイヤーの締め付け感から解放されるノンワイヤーブラ。

ノンワイヤーブラと一口に言っても、ブラキャミソールのようにホールド力がイマイチなものから、バストをしっかり支える構造のものまでさまざま。

もともとノンワイヤーブラをバストケア目的で使うという方が少なかったということもあり、機能性のあるノンワイヤーブラは少ないのが現状です。

ですので、下着売り場でしっかり相談したうえで利用することをおすすめします。

 

スポーツ用ブラは運動中だけの利用がおすすめ

 

スポーツ用ブラもさまざまなものがあります。

それこそブラキャミソール的にブラの中でバストが安定しにくいものから、長距離ランの際にバストをしっかり固定してくれるような本格的なものまで。

本格的であるものほどかなり圧迫感が強く、脱ぎ着もかなり大変になってきます。

そのため、テレワーク時にゆったりと着たい、という方にはイマイチになることもありますので注意しましょう。

 

ナイトブラを昼間に使うのはアリ?←アリなんです!

 

ナイトブラは寝ている間のバストをしっかり支えるつくりのブラ。

寝ている間に胸のお肉が背中に流れてしまうのを防ぎながら、クーパーじん帯をしっかり支えるものもあり、人気になっています。

ストレス無くお休み中にバストケアもできるとあって知名度も高まっていますが、

このナイトブラ、じつは昼間使うのにもおすすめ。

昼間だけでなく、おうち時間のエクササイズにもぴったりで、一つをずっと使えるということでも話題になっています。

 

ただし、ナイトブラとして販売されているものならどれでもいい、というわけではなく

バストをしっかりホールドしてクーパーじん帯に負担をかけないもの

ジャストサイズを選びやすいもの

最低限でもこの2点をクリアしたものを選ぶべきですね。

サイズ展開が豊富、しかも通販で気軽に取り寄せができるナイトブラも増えていますので おうち時間のバストケアに活用してみてはいかがでしょうか。