秋の乾燥肌は思った以上に危険?!

秋が深まって来るとお肌も日に日に乾燥してきます。

この秋から急に加速する乾燥肌、放置すると思った以上に危険かも?!

その理由と乾燥対策のコツをご紹介します。

秋は肌乾燥からくるダメージにご用心

秋は過ごしやすい時期ですが、お肌のために準備を万端にしないと 乾燥からくるダメージが一気に出やすい時期でもあります。

対策法をご紹介してゆきましょう。

秋の肌乾燥はトラブルを招きやすい?!

秋めいてくると おしゃれやグルメが楽しくなる季節の到来ですね。

ですが、日に日にお肌の乾燥感を実感する時期でもあります。

この肌乾燥、夏場よりもちょっと手をかける程度では あとで痛い目に遭うかもしれません。

というのも お肌の乾燥は 様々なトラブルを引き寄せてしまいがち。

秋になったら 一気にシミが目立つようになってきた、という方は多いものです。

夏場に目立たなかったから 今年は大丈夫だと思っていたのに なぜ秋にシミができるのでしょうか?

これには理由が様々ありますが、空気が乾燥しはじめることも大きな原因です。

というのも 乾燥は お肌のターンオーバーサイクルを乱しやすくしてしまいます。

このサイクルが乱れることで、自然とお肌の外に排出されてきたメラニン色素が残りやすくなるのです。

その結果、ポツっとしたシミが!ということになるのですね。

また、お肌が乾燥すると 自分で自分を守るバリア機能が弱くなってしまいます。

そうすることで お肌が紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

うっかりお肌が紫外線に当たることで、メラニン色素もできやすくなるのです。

シミのもとが 残りやすくなるだけでなく、できやすくなるなんて お肌にとって最悪の状況ですよね。

ですので ちょっと空気が乾燥してきたな、となったら しっかり保湿のケアが必要です。

お肌がちょっとつっぱる感じがする、カサカサになってきたというのは SOSのサイン。

念入りにお手入れをするようにしましょう。

秋の乾燥肌には冬場に備えた保湿ケアを

空気が乾燥してゆく秋は、真冬に比べるとまだ大丈夫では?と保湿ケアも油断しがち。

ですが、今のうちにしっかり保湿をしておくことで 冬場の乾燥にも お肌がしっかり対応しやすくなります。

もっと空気が乾燥してから ディープケアをしよう、というのではなく 早め早めに行うのがポイントです。

保湿のための化粧水やジェルも 量を多く使うだけでなく、高保湿タイプのアイテムを加えたり、切り替えて使うのがおすすめです。

また、いつものケアにプラスしたスペシャルケアも定期的に行うようにしましょう。

保湿用の専用のパックなどを活用するのも良いですし、手持ちのジェルを多めに塗って しばらくしてから優しく落とすという方法もあります。

スキンケア製品によっては パックにもなる保湿剤などもありますので、アイテムを増やしたくない方はこういったものを活用してみるのもおすすめです。

また、いつもの保湿剤を使う前にブースターを使うことで より効果が実感しやすくなります。

導入液としておすすめなのがビューティーオープナー

卵殻膜エキス配合で 赤ちゃんのようなみずみずしいお肌づくりを目指す方にピッタリです。

ビューティーオープナー

秋の乾燥肌は加湿器でお肌の保湿を

空気が乾燥してしまう秋ですが、しっかり活用したいのが加湿器。

加湿器は 風邪予防のためだけではなく、お肌の潤いの強い味方になります。

多忙でオンの日はあまり家にいない、という方も 睡眠中に加湿器を使うだけでも お肌や喉への効果が実感できるでしょう。

オフィスでの加湿器の利用は 思うように行かないものがありますが、自宅の寝室なら自分で調整できます。

こちらも 真冬になってやっと使うのではなく、空気の乾燥が感じられるようになったら準備をするようにしましょう。

秋もUV対策も万全に

秋から冬にかけての時期は 日差しが徐々に穏やかになってゆきます。

夏場のような 刺すような強い日差しでなくなるため、ついUVケアを油断しやすくなる時期でもあります。

外出をしたり、外にいる時間が夏場より多くなる時期は 紫外線の影響をお肌が受けやすくなります。

肌寒い薄曇りの日でも 外出の際は しっかり日焼け止めを塗る、帽子や日傘を活用するなどして 対策をしましょう。

年齢からくる肌乾燥にもご用心

毎年秋になると 肌乾燥がどんどんひどくなるように感じる・・・

そういう方は、年齢からくる肌環境の変化にも気を付けるようにしましょう。

私たちの体は 加齢とともに お肌のハリや潤いをキープするコラーゲンなどが減少してゆきます。

また、アラフォー世代になると 分泌される女性ホルモンの量にも変化が出てきます。

その結果、お肌がより乾燥しやすくなります。

保湿をしても保湿をしても 肌乾燥が止まらない、という方は こういった影響が出ている可能性があります。

ですので、エイジングケアも併せて行うと より効果が実感しやすくなります。

エイジングケアといっても 様々な方法があります。

お肌の内側から 体全体をサポートするサプリメントの活用という方法もあります。

今までの保湿ではちょっと・・・と思ったら、このようなケアも行うようにしてみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする