ゴルゴ線を消す方法はあるの?

ゴルゴ線とは 眼の下から頬や口元のあたりに入るライン。

ゴルゴ線があると老けたり疲れて見えるので気が付いたら早めのケアをしたいものですよね。

ゴルゴ線ができる原因と消す方法について調べました。

ゴルゴ線ができてしまう理由とは?

いつの間にかできてしまったゴルゴ線。

消すためにも、まずはゴルゴ線が出来てしまう理由について知っておきましょう。

目の疲れとゴルゴ線

眼の疲れは ゴルゴ線ができやすくなる原因の一つです。

目を酷使すると なぜゴルゴ線ができやすくなるのでしょうか?

私たちの顔には さまざまな筋肉があります。

この筋肉は お互い連携しあうことで 適度なハリ感をキープしています。

そのうちの一部に影響が出ることで 筋肉のバランスに変化が出てしまいます。

ここで気を付けたいのが目。

目の疲れは 目の周りの眼輪筋を凝り固まらせる原因になります。

それを放置すると 頬や口元を引き上げている筋肉も 同じように固まりやすくなります。

これが ゴルゴ線やほうれい線といったトラブルの原因になるのです。

PCでの作業や スマホを使うことが多い方は こまめに目を休憩させる、軽く目の周りのツボ押しをするなどして対策しましょう。

睡眠不足とゴルゴ線

ぐっすり眠ることは 疲労回復だけでなく、元気な肌づくりにも欠かせませんね。

睡眠不足が続くと ゴルゴ線が出やすくなると考えられています。

その理由を検証してみましょう。

まず、睡眠不足は 顔のむくみなどの原因になります。

むくみは顔の筋肉に影響を与えてしまいます。

寝不足で午前中は 顔がむくみやすい・・・という方は要注意。

表情筋が緩んでしまい ゴルゴ線やほうれい線の原因になります。

また、睡眠時間は 体の代謝サイクルを整える大事な時間。

ですので 寝不足続き、という方はこのサイクルが乱れてしまいお肌に何かと影響が出やすくなります。

睡眠中に出るエストロゲンなどのホルモンには お肌の内側でコラーゲンを作る働きがあります。

コラーゲンはお肌を内側からピンとハリを持たせて支える重要な美容成分。

寝不足では 十分な働きができないまま毎日を過ごすことになりますね。

こういったことがゴルゴ線を作りやすくする原因になるのです。

ゴルゴ線対策の決め手はコラーゲン

ゴルゴ線は 表情筋のゆるみや、コラーゲン不足からできてしまったお肌のたるみが原因。

お肌のゆるみやたるみは 段差を作ってしまいます。

その段差が ゴルゴ線やほうれい線といった形でお肌に出てきてしまうのです。

コラーゲンはお肌を内側から支えていますが 年齢とともに体の中でつくられる量が減ってしまう成分。

コラーゲンが減ると お肌がゆるみやすくなるだけでなく、お肌の潤いも不足しやすくなります。

そして その肌乾燥が シワなどのトラブルを招きやすくなってしまうのです。

ゴルゴ線だけでなく さまざまな肌トラブルの原因になるのですね。

ですので、ゴルゴ線対策には コラーゲンをしっかり補うことが重要になります。

とは言え、コラーゲンは分子が大きいため、そのままではお肌の外側から吸収しにくい成分。

ですので 吸収されやすい形になっているコラーゲンでスキンケアをするようにしましょう。

また、お肌には全体に表情筋がはりめぐらされています。

ですので ゴルゴ線のある箇所だけをケアするのではなく、頬の上のあたりから 持ち上げるようにしてお肌のお手入れをするようにしましょう。