日焼け止めはクレンジングで落とそう

日焼け止めはクレンジングで落とすことが望ましいとされています。

日焼け止めの中に入っている成分を肌に残しておくことによって、肌荒れの原因となるからです。

せっかく紫外線を防いでも、肌に負担がかかるような成分を残したままにしておいては肌が傷んでしまいます。

洗顔で落とせる日焼け止めだけを塗って、ファンデーションなどのベースメイクを使っていないときには、洗顔だけでも良いのですが、この場合、きちんと洗い流すようにする必要があります。

クレンジングの選び方

日焼け止めを落とすための専用のクレンジング剤も市販されています。

やはりこのようなものを使って落とすことが一番望ましいでしょう。

夜寝る前に、その日のうちに洗い流すことが大切です。

日焼け止めの取扱い説明書に、クレンジングを使って落とすべきかどうかということが書かれている場合があります。
石鹸では落とせないので、クレンジング剤を使ってください、という内容の指示があれば、それに従うようにします。

オイルクレンジングのように洗浄力が強いものを使う必要はありません。

肌に刺激を与えることのないミルククレンジングを使用するだけで十分です。

顔だけではなく、腕や脚などに日焼け止めを塗った場合にも同様にクレンジングで落とすようにしましょう。
腕や脚にクレンジング剤を使うことで肌が荒れてしまうのでは、と心配な場合には、ボディ用の日焼け止めは石鹸でも落とせるタイプのものを選ぶようにしましょう。

ボディ用の日焼け止めを使った後には、ボディソープでしっかりと泡を立ててこすらず優しくマッサージするように洗い流します。

強くこすることで、肌が傷んでしまいます。

また、日焼けを防止することができても、こすることによってやはり色素沈着が起こってしまいますので注意が必要です。

コメントの入力は終了しました。