日焼けによるシミの仕組みとケア

紫外線を受け続けたり、急に強い紫外線を浴びたり、メラノサイトがメラニンを排出し続けたりすると、肌のターンオーバーに関わらず、メラニンが肌の底に残ります。

これが しばらくしてからシミとなって表面に現れてくるのです。

シミと言っても、細かく分けると様々なシミの種類があり、シミの種類を知る事で、適切なシミケアが出来るといえるでしょう。

シミの種類と対策

・日焼けによるシミ

紫外線の影響で現れるシミで、日に一番当たりやすい頬のもりあがった周辺にできやすいものです。

ケアをしないと時間の経過により色が濃くなりがちです。

日焼け後に出来たと思われる、初期のものは美白系の化粧品を使ったり、ビタミンなどを摂取するなどの 地道なお手入れが大切です。

・イボ状のシミ

日焼けによってできたシミをケアせずに放っておくと、イボのようにシミが盛り上がってくることがあります。

とくに日焼けケアで手を抜いてしまいがちな、手の甲や顔の側面、首のうなじなどに出来るシミを放っておくと、イボ状になることが多く見られます。

シミがイボ上に変化すると、レーザー治療でないと除去が出来なくなる為、イボになる前のシミをしっかりケアする事はとても重要です。

・そばかす

そばかすはシミとして捕らえるのではなく、遺伝としてお肌に現れたものを差します。

ですが、歳を重ねるうちに自然に出来てしまったそばかすは、女性ホルモンによるシミであることもあります。
この場合は美白化粧品やピーリングなどでシミとしてケアをしましょう。

シミは、軽度のものならば自分でできるお手入れで 十分な効果が得られますが、放っておくと皮膚科の治療でなければ消す事は不可能になってしまいます。

自分に出来ているシミの仕組みを理解し、適切なケアをしていく事が大切と言えるでしょう。

コメントの入力は終了しました。